投稿日:

葉酸と流産や奇形児との関係 葉酸サプリがママに必要な理由は?

葉酸という成分が、妊娠を望むママや妊娠中のママに
必要。という事を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。

ではなぜ必要なのでしょう。

受精し妊娠、赤ちゃんを形成する妊娠初期は、特に
細胞分裂が活発に行われ母体は通常の約2倍近くの
葉酸が消費されるといわれています。

特に、妊娠0週目~7週目には、母体のDNAから分裂・増殖した
細胞が赤ちゃんの脳や脊髄、内臓などを重要な器官を形成する
大事な時期。

その活発な細胞分裂を行う葉酸が重要な
働きをしていると言われているんです。

そんな大事な時期に葉酸が不足しているママは、
葉酸を十分に摂取しているママと
比較すると胎児の脳や脊髄神経の障害リスクが高くなり、
また流産する確率もぐんと上がってしまうのです。

母体が葉酸不足や欠乏状態にあると
『二分脊椎』や『無脳症』など、
赤ちゃんが生まれてくる段階の身体の奇形(先天異常)の
リスクが高くなると言われています。

ちなみに二分脊椎とは赤ちゃんの脊髄を覆っている骨が
欠けていたり開いた状態になって生まれてしまうこと。

また無脳症とは赤ちゃんの脳が形成されず
生まれてしまうことをさします。

ですから葉酸が母体から欠乏しないように
妊娠初期から葉酸を毎日400μg摂取することで
その発症リスクを7割~8割低減できると
言われていて、妊娠前からも
積極的に葉酸を摂ることがおすすめされているんです。

では食事で葉酸をとればいいのでは?とも思いますよね。

実は葉酸には2つの種類があるといわれています。
1つ目は『ポリグルタミン酸型』の葉酸。
2つ目は、『モノグルタミン酸型』の葉酸です。

そして先ほど述べたような奇形児が生まれるリスク低減の効果が
期待できるのが葉酸サプリに含まれる
『(プテロイル)モノグルタミン酸型』という葉酸だけ
なんです。

ですから、妊活中、妊娠中のママは葉酸を食品ではなく、
サプリメントから積極的に摂取するのをおすすめ
されているんですよ☆

サプリは、好きな時間に飲むことができ、
しかも理想とされている一日400μgを簡単に摂ることが
できて無理なく続けられるので人気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です